2012/05/10

ムラサキカタバミ(紫傍食) カタバミ科
南アメリカ原産で観賞用に輸入され野生化した。
花は紅紫色。葯は白色で花粉はなく結実しない。
地中に鱗茎(鱗片が重なって球茎になった地下茎のこと:らっきょのようなもの)
をたくさんつくってふえる。
屋久島の道端でよく見られる。
撮影場所、時期:庭先、5月


ヒメコイワカガミ【屋久島の植物6月】

ヒメコイワカガミ(姫小岩鏡) いわうめ科 屋久島の固有品種。 鏡のように光沢のある葉っぱが特徴。 イワカガミなどに比べると葉の大きさも1cmほどで非常に小さい。 撮影場所:屋久島黒味岳登山道 撮影時期:6月