2011/06/13

 「雫」 
芒種の頃、屋久島では「しとしと」と、時には「ざあざあ」と雷をともないながら雨が降る。
そんな時は、森に入るのがどうしても億劫になる。だけど、覚悟を決め歩きはじめると次第に雨が気にならなくなってくるから不思議だ。
体いっぱいに水を含ませ生き生きとしているコケ。水が滴り、色艶をました木々などを見ていると肌を通して、生命にとって水が大切なものだと実感させられる。

芒種:陽暦の6月5日又は6日

ヒメコイワカガミ【屋久島の植物6月】

ヒメコイワカガミ(姫小岩鏡) いわうめ科 屋久島の固有品種。 鏡のように光沢のある葉っぱが特徴。 イワカガミなどに比べると葉の大きさも1cmほどで非常に小さい。 撮影場所:屋久島黒味岳登山道 撮影時期:6月